死亡事故における慰謝料を決める基準は、いくつかあります。その中で、自賠責保険は最も低いものであることを知らなければいけません。どの基準を採用するのかによって、大きな変動をもたらすことになるため、交渉の重要ポイントになってきます。

算定基準自賠責保険の算定基準は、もともと任意保険に加入せずに交通事故を起こし、被害が出てしまった被害者に対しての救済措置的な意味合いがあります。強制保険になっていることが理由ですが、最低限の保証しかできません。

次に基準になってくるのは任意保険です。保険会社が示談交渉するために使われる基準ですが、はっきりといくらであるとは提示されません。各社の設定があるからですが、一般的な相場は予想ができる範囲です。自賠責保険よりは高額ですが、これでも満足できる金額とは言えないことも出てきます。

弁護士や裁判所の算定基準は、他の基準よりもはるかに高くなる点に注意が必要です。事案によって異なる部分がありますが、比較にならないほどの違いが生まれることからも、保険会社の算定基準に任せるのではなく、積極的な交渉が必要といえるでしょう。そのまま保険会社に弁護士や裁判所の算定基準で計算してほしいといっても、絶対に採用することはありませんので注意しなければいけません。

*参照記事*
精神的な損害
交通事故でも死亡事故